「森ヒロコ・スタシス美術館」

〒047-0034 北海道小樽市緑 1-16-33   TEL:(0134)22-3772
開館日:4月〜12月 金・土・日・祝日 11:00〜17:00

2013年06月23日

スロバキア国立オペラ2013

 1990年、阿蘇山麓の農協ホールからスタートしたスロバキア国立オペラの公演が、15年間を迎えました。この15年、チャンスさえあれば何処でも出かけていき、およそオペラなどに縁のない地方の町々で公演してきました。この夏の演目はこの国の庶民に最も親しまれ愛されている、オペラとオペレッタです。
 地方を拠点に活動してきた音楽グループが東京へ進出すると、メジャーデビューだそうです。民放だけではなくNHKのアナウンサーまでそういっています。メジャーの反対はマイナーでしょう。東京はメジャーで地方はマイナーと言うことでしょうか。そうすると、地方の町々を中学生や高校生さえ買える低額のチケットで公演しているこの活動は、文字通り取るに足らないマイナーなオペラになりかねません。
 しかし公演の内容は全くその逆です。何処にでもある普通の小さなホールで公演することが多いのですが、その芸のレベルは超一流で、初めてオペラを見る人にも楽しめるよう工夫され、公演のたびごとに庶民の支持が増え続けています。
 東京のオペラはどうでしょうか。とんでもない高い入場料で庶民を弾き飛ばすか、本物を真似た平凡な舞台に既得権益で高い入場料を公然と設定するか、そのどちらかのオペラではありませんか。東京に追従する他の大都市のオペラも同工異曲です。
 ことオペラに関してはメジャーとかマイナーとか言う区分は全くナンセンスです。この国のオペラの権威者たちがどのくらいオペラを大衆芸能、あるいは大衆娯楽として捉えているか、甚だ疑問です。殆どのオペラ公演がオペラを楽しみたいおびただしい庶民を排除して、低いレベルの俗物的な芸術の愛玩物に成り下がっています。この閉ざされた特権性を死守することによって、メジャーなオペラは成立しているようです。
 この15年の活動はこのメジャーな世界とは、徹底的に正反対の方向を目指してきました。そこに3,000円〜3,500円のチケットを買って一流のオペラを楽しみたい庶民が450人〜500人存在すれば、何処であれ公演を必ず実現してきました。そのための僅かな公演経費といい、質素な公演会場といい、歌手たちの高いレベルの歌唱力や演技力といい、この国をオペラの権威者たちの想像力を遥かに超えています。
 およそ百年のこの国のオペラの歴史に、このような公演モデルは存在しません。もちろんこれから新しく生まれる可能性もないと思います。それほどこのオペラ活動はモニュメンタルであり、革命的なのです。
 この15年のスロバキア国立オペラの活動の蓄積は、この活動を単なる一過性の試みから地方の暮らしに深く根を下した、創造的な庶民の娯楽システムへと変貌させる、大きな可能性を芽生えさせました。この可能性をより確かな現実的なものにするために、残された時間、精一杯努力したいと思います。どうぞ力をお貸しください。
 


スロバキア国立オペラ日本公演プロデューサー
森ヒロコ・スタシス美術館館長
長谷川 洋行


公演の内容は以下です。

7月5日(金) 小樽マリンホール 19:00(開場18:30)
 オペラ「椿姫」

7月6日(土) ちえりあホール 14:00(開場13:30)
 オペレッタ「メリー・ウィドゥ」

tubakihime.jpg tubak_ura.jpg

画像の上でクリックするとPDFファイルで拡大して読むことができます。


■問い合わせ、チケット申し込み■
TEL:0134-22-3772
FAX:0134-25-1041
E-mail:nadayuki@m7.dion.ne.jp
posted by MoriHiroko-stasys-musium at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ

2013年06月16日

美術館が讀賣新聞に紹介されました

「森ヒロコ・スタシス美術館」が讀賣新聞に紹介されました。

今年の冬に突然、讀賣新聞の記者から電話があって、美術館の取材が行われました。
記事の掲載は冬の終わりごろでした。
ごらんになった方もいらっしゃると思います。
ここの美術館のすばらしさが、たくさんの人に伝わると思うと、とてもうれしいです。

yomiuri.jpg
クリックするとPDFファイルで拡大して読むことができます。
posted by MoriHiroko-stasys-musium at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年04月28日

森ヒロコEX-LIBRIS&小品展

小樽 梅ヶ枝町にある「あとりゑ・クレール」にて、5月1日〜5月12日
「森ヒロコEX-LIBRIS&小品展」が行われます。

ex_liblis.jpg


EX-LIBRISとは蔵書票といって、個人が自分の大切にしている本に貼る、イラスト入りのネーム票です。
森ヒロコの繊細な版画がとても美しいです。
その他、小作品も展示されます。

「あとりゑ・クレール」は坂の上にある、小さなギャラリーです。別名「猫の事務所」
ティールームでお茶とケーキ(特製プリン)もいただけます。
展示は入場無料ですので、お散歩の途中にでもお気軽にお立ち寄り下さい。

詳しい案内はこちら↓から・・・。
おたる あとりゑ・クレールの窓から


小樽人ブログでも紹介されています。
/otaru-jin/
posted by MoriHiroko-stasys-musium at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2013年02月09日

銅版画塾の紹介です。

森ヒロコ銅版画塾は、毎週土曜、日曜
冬の間も元気よく開催中です。
NEC_0717.jpg

通い方は自由です。
つごうの良い土曜か日曜を選んで予約すればOKです。
午後1時頃から始めて、後はきりのいいところまで…。5時ごろまでじっくり創作。

生徒さんは様々、まったくの素人から油絵で個展を開くアーティストさんまで・・・。先生はそれぞれのレベルに合った指導をしてくれます。
そして、それぞれのやりたい事、方向性に沿って的確なアドバイスをしてくれます。
生徒はみんなで譲りあったり、教えあったり、なごやかな雰囲気で、時々は雑談で盛り上がったりもします。
楽しいですよ〜!
通ってくる人もさまざま、小樽市内で自転車で来る人もいれば、札幌や千歳から電車で来る人もいます。
そうそう、千葉の木更津から飛行機で来る人もいます。この人はマイレージがたまったら来るんですって!

NEC_0715.jpg実は私(愛沢)は小樽での短期滞在の希望がかなって、10月から約5ヶ月、この塾に通いました。
私はまったくの素人・・・。
でも、先生のおかげで素敵な作品を仕上げることができました。
初めての銅版画は新鮮な発見だらけ!
銅版にグランドという液を塗って、それを細いニードルで削ります。そして特殊な液につけること約90分。
途中で書き足したり、液をかくはんさせたり、意外と目がはなせません。
その後は、グランドを落としてインクを入れて、いよいよ試し刷り。
作品が仕上がる過程が、ワクワクドキドキでとっても楽しい♪
銅版画にはいろいろな技法があって、想像もできないような素敵な仕上がりになる事も・・・。
すべて先生の指導の元、私のような素人でもなんとか様になる作品づくりができました。

ティータイムでは、おいしい珈琲を先生が淹れてくれて、みんなで楽しくおしゃべり…。これもけっこう楽しみでした。
たくさんの友達もでき、とても有意義な時間をすごしました。



by ブログ管理人@愛沢


銅版画塾は毎週土曜、日曜
月2回コースは5,000円です。
尚、新規の方は入会金10,000円です。

入会ご希望の方はお電話でお問い合わせ下さい。
 0134−22−3772
posted by MoriHiroko-stasys-musium at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月01日

あけましておめでとうございます。

hiroko201301.jpg

アダムとイブの時代から、なんと誘惑の多い事か。
今年も、質素にシンプルに、そして心だけは贅沢に!
70才にして初ヌード(作品)です。
でも、ちょっと寒そうなので、もう一枚
セーターを着せた、暖かな作品を描いてみました。

hirokko201301.jpg

皆様にとって、良い一年となります様に。

                      2013年 元旦 森ヒロコ

−冬季休館のお知らせ−

  「森ヒロコ・スタシス美術館」は3月まで冬季休業期間に入ります。
休業期間中ですが、あらかじめお電話をいただければ開館いたします。
ご来館ご希望の方は下記よりご連絡ください。
(0134)22-3772
posted by MoriHiroko-stasys-musium at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記