「森ヒロコ・スタシス美術館」

〒047-0034 北海道小樽市緑 1-16-33   TEL:(0134)22-3772

2018年09月06日

Stasysさんからメッセージが届きました。

Stasysさんから美術館の臨時開館に際して、メッセージが届きました。
ForStasys.JPG


For the memory of Hiroko Mori 28th Jul 2018

First I met Hiroko Mori in my exibition opening in 1987 in Sapporo. She was very
warm person.
During visiting her hous, I saw very nice her works. We can contact only simple
English. But she was so wonderful person,always smiling.
During several visits to Japan I met her later in Otaru. On the Museum wall I
painted a red painting. She suggested to me how to do better.
Last time I saw her in 2003. I am traveling always with sketchbook.
Now I have found my drawing of Hiroko in kimono at 6th Jul.2003.
During publishing my art book in Poland I put one photo with Hiroko during
exhibition opening in Otaru.
I am always remembering Hiroko as great person, great artist!
                                  Stasys Eidrigevicius

hiroko.JPG


********************************************************

美術館の特別開館に寄せて

 初めて森ヒロコさんとお会いしたのは1987年の札幌での私の展覧会の時でした。森さんはとても暖かい人物でした。彼女の家を訪問した際、私は森さんの素晴らしい作品を見ました。私たちの間では片言の英語だけの会話でしたが、それで交流はできました。森さんはいつも笑顔を見せてくれる素晴らしい方でした。
 後に私は何度かの日本訪問の際に小樽で森さんとお会いしました。美術館の入口の壁に私は赤色の絵画を描きました。森さんはどうするのがより良いのか、提案してくれました。最後にお会いしたのは2003年でした。私は常にスケッチブックを携帯して旅をしています。そうそう、最近私は2003年7月6日に森さんの着物姿を描いたドローイングをみつけました。ポーランドで出版された私のアートブックに私の小樽での展覧会オープニングの際に撮影された森さんと一緒にいる写真を使いました。私は常に森さんのことを偉大な人物、偉大なアーティストとして思い出しているのです。
                            2018年7月28日
                          スタシス・エイドリゲビチウス
********************************************************


長谷川ご夫妻と古くから懇意にされていた東京在住の中村惠一さまより。
ありがとうございました。

こちらからPDFで見られます
posted by MoriHiroko-stasys-musium at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184355534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック