「森ヒロコ・スタシス美術館」

〒047-0034 北海道小樽市緑 1-16-33   TEL:(0134)22-3772

2017年05月08日

悲しいお知らせです。


2017年5月1日 午前6時32分 版画家の森ヒロコさんが、逝去されました。
あと4日後の5月5日がお誕生日、75歳を迎えるはずでした。
3年ほど前から肺ガンの治療に専念していられましたが、薬石効なく旅立たれました。

昨年11月13日に館長でご主人の長谷川洋行氏が、不慮の事故で亡くなられたばかりで、重なるご不幸に胸がつぶれる思いです。

sinbun.jpg


美術館はしばらくの間、休館となります。
今後の再開につきましては、いずれこのブログにてお知らせします。

こちらのブログへのコメントはしばらくの間、私が管理し、ご遺族の方へお伝えしたいと思います。

森ヒロコさん、長谷川洋行さんご夫妻のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

                                       HP管理人 愛沢祥子


posted by MoriHiroko-stasys-musium at 19:17| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
森さんのご逝去の報に接し、わたくしども夫婦ともに悲しんでおります。さて、妻は森さんの札幌での銅版画塾の塾生、NDA画廊に勤務もしておりました。わたくしも79年〜82年まで長谷川さん、森さんのお二人にはとても良くしていただきましたので、無理してでも「偲ぶ会」には参加させていただきたく存じております。日程が決まりましたらお知らせいただけないでしょうか。東京在住のためお手伝いもままならないかもしれませんが、何か必要なことがあればお知らせください。スタシスさんにも一報しております。彼も「とても悲しい。今後美術館はどうなるのか」と心配されていました。こちらはお知らせまで。
Posted by 中村惠一 at 2017年05月21日 11:20
中村さま
コメントありがとうございます。

古いお友達でいらっしゃったのですね。
「偲ぶ会」の詳細につきましては、わかりましたらこちらでご案内する予定です。

スタシスさんへのご連絡もありがとうございました。
スタシスさんとは懇意であるというお話はうかがっていたのですが、連絡方法がわからずにいました。

美術館の行く末も心配されている人がたくさんいます。もちろん私もその一人です。
今後ともよろしくお願いします。

             愛沢
Posted by 愛沢祥子 at 2017年05月24日 23:50
韓国からです
来週の土曜日
訪問したいんですけどむりですか
Posted by Hwang jin hee at 2017年11月11日 12:46
先日、ニセコの高野珈琲さんの壁を飾っていた素敵な作品が森ヒロコさんの作品と知ったばかりで、訃報、休館、とても悲しい想いでいっぱいです。
ご冥福をお祈りいたします

美術館の復活、心より願っております。
Posted by うえかわちさと at 2017年11月26日 13:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179681754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック